MENU

脱毛方法を併用するという方法もある

女性の脱毛では光脱毛が一番人気

髭は立つ蒙の中でも、一番と言っていいぐらい強い毛です。ですから、そう簡単には脱毛できません。

 

今、ヒゲ以外の脱毛で主流になっているのは光脱毛で、多くの女性は、脱毛サロンの光脱毛を選択しています。

 

そして、美容電脱(ニードル脱毛)自体行っているところがとても少なくなっていて、女性のエステサロンの一部でしかやっているところがありません。

 

それでも脱毛のヒゲ脱毛に関しては、まだ、美容電脱(ニードル脱毛)毛をやっているメンズ脱毛専門サロンがあります。

 

その理由は、ヒゲがとても強い毛で、美容電脱(ニードル脱毛)の方が確実だと思われているからです。

 

しかし、とても痛みが強く、料金も高くなるというかなりのデメリットがあります。

ニードル脱毛はとっても痛い

ニードル脱毛は、その場でヒゲが抜けるので、やった分だけ成果が目に見えるので満足度はとても高いと思います。

 

そして、同じ毛穴から生えて来る確率はとても少ないと思われます。

 

しかし、1本ずつ抜くわけですから、時間がかかりますし、技術もいるので、一回の脱毛でそんなに広い範囲はできません。

 

またできたとしても痛みに耐えられないのではないかと思います。

 

顔の脱毛自体とても痛いのですが、鼻の下の敏感な部分は更に痛くて、涙目になります。

 

これを何百回も繰り返すとなると相当辛いことになります。

光脱毛との併用がお勧め

よほど痛みに対する覚悟と、今直ぐに髭をなくしたいと結果を求める方は、もう美容電脱(ニードル脱毛)しか考えられませんが・・・実際に体験してみて、とても無理と感じる方が多いのではないかと思います。

 

そこでお勧めしたいのは、まず光脱毛を利用するということです。
光脱毛は痛みが少なく、照射する範囲も広く、施術者の技術もそんなに必要ないのでとても安い料金でできます。

 

ただし、直ぐには抜けず施術から2週間前後して抜け出すので、直ぐに結果はでません。

 

そして一度抜けた毛穴からもまた生えて来る確率は高いので、うぶ毛程度まで弱い毛にするためには何度も繰り返しやらなければなりません。

 

個人差があるのでなんとも言えませんが、20回ぐらいはやらないとだめだと思います。それを考えると髭の毛周期は短いので、毎月通って1年から2年程度位で成果がみえてくるのではないかと思います。
(ヒゲ脱毛が終わるまでの期間と回数については、どのぐらいの期間でひげ脱毛可能?を参考にしてください)

 

こうやって、まずは減毛してそれでもしつこく生えて来るヒゲを美容電脱(ニードル脱毛)で脱毛するというほうが、ヒゲ脱毛のコストを減らす選択肢の一つになると考えます。

レーザー脱毛の場合は?

レーザー脱毛も1つの選択肢ですが、料金は光脱毛の2〜3倍はかかりますので、レーザー脱毛と美容電脱(ニードル脱毛)を併用するのは、現実的ではないでしょう。

 

光脱毛よりも強力なのでレーザー脱毛だけで、どんなに髭が濃くても20回以上やれば、ヒゲ脱毛は完了できるはずです。

 

それでも、産毛は残ってしまうこともあります。

 

色の薄い毛はレーザーでも脱毛するのは困難だからです。

 

産毛ぐらいでしたら、週に1回程度さっと剃ればいいので手間は無いと思いますが・・・

 

産毛まできれいにしたいという場合は、美容電脱(ニードル脱毛)で仕上げをするという方法でいいでしょう。

 

そうすれば、併用の場合でも費用を抑えられるでしょう。

光脱毛、レーザー脱毛と美容電気脱毛を併用する方法もある関連ページ

ヒゲ脱毛は痛い?!
ヒゲの脱毛はとても痛いと聞いて尻込みするかもしれません。痛みに弱い方でも大丈夫な脱毛方法を選べば大丈夫です。
解約はできるの?
ヒゲ脱毛の体験に行ったら、しつこく勧められて、断りきれずに契約してしまった・・・そんな時<解約できるのでしょうか?
家庭用脱毛機でヒゲ脱毛できる?
自宅で誰でも簡単に脱毛できると言われる家庭用のレーザー脱毛機、光脱毛機はヒゲ脱毛にこうかがあるのでしょうか?
髭脱毛して髭が濃くなったという人がいるの?
ヒゲ脱毛をしたら髭が濃くなってしまって、泥棒髭になってしまったといううわさがあります。その真実はどうなのかその真実を解説します。