MENU

髭をどうしたいのか?

髭を脱毛する前に、最終的な到達点をはっきりさせておくべきです。

最終的な髭の状態を決めてから、脱毛方法を選ぶ必要があるからです。

 

脱毛方法らよってて、それぞれに得意なことと 不得意なことがあります。

 

脱毛方法が決まってから、ヒゲ脱毛ををとこで(脱毛サロンにするのか、医療機関にするのか)やるのか考えるというのが正しい選び方です。

 

完全に顔から髭をなくしたい場合

あとで髭を生やしたいと思ったときに、もう生えてこない状態になっていたら後悔するかもしれません。

 

流行やファッションは時代で変わっていくものですから、おしゃれにこだわりのある方は、よく考えてからにしましょう。

 

自身がない場合は、残す髭と残さない髭をよく考えてからにしましょう。

 

完全に髭をなくしたいのであれば、レーザー脱毛か、美容電気脱毛が選択肢となります。

 

光脱毛でも30回ぐらいやればほとんど生えなくなるでしょう。しかし、5年後6年後は、再生してしまうかもしれません。

 

女性の全身脱毛では、光脱毛の場合、5〜6年で無駄毛が出てきてしまったという不満を持つ人が結構いますので、一生髭がなくていいという人は、なるべくまた生えてくる確立が低いものを選んだほうがいいです。

 

痛みや料金は気にしない、確実に脱毛したいという方には、メンズTBCの美容電気脱毛をお勧めします。

 

なるべく髭脱毛の費用は抑えたいという人は、4年間回数に関係なく、料金が一定な、湘南美容外科クリニックの回数無制限コースがいいでしょう。

 

たたし、回数無制限コースのあるクリニックは、混みますので、土日祝日はなかなか予約がとれません。

 

平日もアフターファイブはとりにくくなりますので、回数無制限であっても、回数をこなすことができないかもしれません。

 

そういう人は、回数保障タイプの髭脱毛コースがある、メンズリゼクリニックがいいでしょう。

 

また、できる限り早く脱毛したい、通う期間を短くしたいという場合も、最短半年で5回脱毛ができる、メンズリゼクリニックの最短髭脱毛完了コースがベストです。

 

髭剃りを楽にしたい

髭が濃くて、毎朝剃るのがとても大変だから楽にしたい。

 

深剃りしなければならなくて、剃れば剃るほど、肌を傷つけて肌荒れで困っている。

 

このような人には、光脱毛で十分だと思います。

 

光脱毛のほうがレーザーよりは肌にやさしいですし、懐にもやさしいので、まったく髭が生えない状態まではしなくていいという人にお勧めです。

 

(光脱毛でも焼けどの危険らいや痛みがゼロになるというわけではありません。)

 

また光脱毛でも、30回ぐらい続ければ、普通の人はほとんどつるつるになるはずです。

 

再生する確立はあがりますが、楽な支払い方法で期間をかけてもいいというのであれば髭を全部なくしたい人でも選択肢の一つになるでしょう。

 

リンクス東京渋谷店ならば6万円ぐらいで顔全部を10回脱毛できます。

 

それでも足りなければ80%OFFの優待券が、コース終了後にもらえるので、満足できなくて追加で脱毛したい場合も費用は少なくて済みます。

 

青髭も、光脱毛で、密な髭を減耗すれば、かなり改善されます。

 

青髭は、髭の毛根がすけと見えている場合に見える現象なので、色白の人ほど目立ちますが、髭の生えてくる本数を減らせば改善できます。