MENU

髭を永久脱毛の方法を解説

髭を文字通り、二度と生えてこなくする方法について考えてみました。

 

永久脱毛自体には定義がありませんが、ここでいう永久とは、二度と生えてこなくなるという意味で使っています。

 

髭が二度と生えてこなくると断言はできませんが、よりそれに近い髭の脱毛をするにはどうしたらいいのでしょうか?

 

まず、脱毛の方法から考えてみましょう。

 

脱毛方法は何がいいのか?

まず、光脱毛の場合ですが、女性の全身脱毛では、多くの人がゃっている脱毛方法ですが、5年、6年後にまた生えてくるという不満を持つ人は結構います。

 

ですから、光脱毛はとても安くて気楽にできるわけですが、一度完了したら、もう二度と生えてこないで欲しいと考えると、ちょっと厳しいかもしれません。

 

効果だけでいうのであれば、美容電気脱毛が何十年という歴史の中で、実際にほとんど生えてこなくなったという人もいるので、一番永久脱毛に近いものだと考えられます。

 

ただし、一本も生えてこないというわけではなく、私が30年以上前にワキ脱毛やったちという人に直接聞いてみると、元の1割程度は生えてきているといいます。

 

ですから、完全とまでは言い切れません。

 

レーザー脱毛は、まだそんなに歴史があるわけではないので、何十年ということはわかりませんが、光脱毛よりは、長く維持できている人がいるようです。

 

それでも、5年ぐらいでまた少し生えてきているという人にも出会ったので、割合や、確率は低いでしょうが、美容電気脱毛ほどの維持力は無いかもしれません。

 

これらを総合すると、脱毛した状態を一番長く維持できる可能性があるのは、美容電気脱毛だと考えれます。

 

しかし、現実問題として、激しい痛みや、コストの事も考えなければなりません。

 

痛みは、永久に髭が無くなると思えば、我慢ができるとして、問題は費用の方です。

 

人の髭は濃い、薄いあるので、かなり差がありますが、2万本〜3万本ぐらいは平均してあるらしいので、これを1本100円で脱毛したとしても・・・

 

そう、ちょっと口に出したくないような金額になってしまいます。

 

そうすると、いくら効果が高くても、全ての髭を美容電気脱毛で処理するというのは、一般庶民には非現実的なものと思います。

 

そう考えると、現実的な方法で一番近いのは、レーザー脱毛ということになります。

 

光脱毛では永久脱もできないのか?

光脱毛は、より肌に安全なレーザーより弱いものを使っているので、どうしてもレーザーほどの威力がありません。

 

肌の奥まで届く距離も、レーザーより浅くなると考えられます。

 

毛根の位置は、浅いところから深いところまでまちまちですので、うまく届いていない場合もあるでしょう。

 

また、レーザーより出力が弱い分、十分に毛根周囲の細胞を破壊しきれていない確率も高くなります。

 

ですから、一度ほとんど生えてこなくなっても、また数年後に生えてきてしまう確率もレーザー脱毛の場合よりあがるのです。

 

ただし、これはレーザーでも、ある程度は起こってくる確率がありますので、多いか少ないかの差でしかないと思います。

 

女性の脱毛サロンでは、最初に30万円ぐらいの契約をすれば、生涯脱毛し続けられるプランなどもあります。

 

つまり、光脱毛で、永久脱毛する場合は、継続的に続けるということを選択すれば、長く髭のない状態を維持できる可能性があるということになります。

 

もちろんそれには、コストがかかるわけですが、当サイトで紹介している、リンクス渋谷店では、髭脱毛のコース終了後は、80%OFFでできる優待券がもらえます。

 

これは、期限や回数が限定されておらず、また渋谷店以外でも使えるので、また生えてしまった時に繰返し脱毛するにはコスト的にとても楽だと思います。

 

完了後も、数年おきに照射しなければならないということになりますが、また生えてきてしまう可能性はレーザーでもあるので、永久に髭を生やしたくない人には、1つの選択肢だと考えます。

 

レーザーでヒゲ永久脱毛するには

レーザーでも5年10年後のことはわかりません。

 

ただ、光よりも長く維持はできるので、レーザー脱毛で脱毛して、生えてきたらまた照射を受けるという事になります。

 

この場合、、回数無制限を利用すると、期間は4年ですから、この間であれば、問題ありません。

 

でも維持力が長い分、5年目以降に生えてきた場合は、また再度新たに始めなければなりません。

 

生えてきた髭が少ないのであれば、それだけは、美容電気脱毛で処理するという選択肢もあると思います。

 

特に産毛の場合は、レーザーは苦手なので、美容電気脱毛の方が効果的です。

 

ただ、たくさん生えてきてしまった場合は、コスト的に厳しいですね。

 

もともとレーザー脱毛は、光脱毛で1回ヒゲ脱毛する2〜3倍あたりの費用がかかりますので、レーザー脱毛で再開する場合もそれなりの費用がかかります。

 

ただし、メンズリゼクリニックでは、回数コース終了後は、半額以下の料金で脱毛できるので、再生してしまった時に、またレーザーをするということを前提でヒゲ脱毛を始めるのであれば、選択肢となるでしょう。

 

永久ヒゲ脱毛の結論

前述の事を考慮すると、2つの選択肢があると思います。

 

永久に髭剃りをなくしたいと思ったら、最初から、また復活してくるものとして、光脱毛でヒゲ脱毛して、何年かおきに生えてきたらまた脱毛を繰り返していくという定期的な処理を1つの方法として選択する。

 

もう一つの方法として、いくらか生えてくるかもしれないが、その時のことはその時考えるとして、まずは一番現実的なコストで、維持力も高いレーザー脱毛で脱毛する。

 

この両者のどちらかしか、現実的な選択肢はないのではないかと思います。

 

毛根まで破壊できたとしても、毛根は新たに生まれてくる組織でもありますので、新しい毛穴が作られることもあります。

 

ですから、どんな方法で、毛根ごと髭を減らしたとしても、また出てきてしまう可能性は常にあります。

 

永久脱毛は一度の脱毛期間では、実現は難しい、もし1度の脱毛でずっと生涯満足できたとすれば、それは稀なことであると認識しておいた方がいいでしょう。